見たコト 聞いたコト 感じたコト


by たまごちゃん

はじめまして

お引っ越ししてきて、exblog始めました。

(過去ブログは先代犬との大切な想い出として
自分だけが楽しみに、非公開にしております)


家族の半分以上は動物です。


今日はお友達わんこの3周忌。

我が家の愛犬たちの祭壇に
お花をお供えして手を合わせました。

そして今日は七夕なのですね。

おり姫様とひこ星さまのように
なつかしいあの子たちが大好きな飼い主さんに
会いに来ているといいなぁ。


こんな可愛いことも口にしますが
すっかりシワと白髪が増えてきたアラフォー女子です。

どうぞ宜しくお願いします。

[PR]
# by wanko0163 | 2015-07-07 16:44 | 今日の出来事
 アニマルコミュニケーターさんから
ママからべりーへの質問の答えと、
べりーからママへのメッセージが届きました。

ママは・・なるべく心をクリアにしてじっくりと何度も読みました。

完全にはまだふっきれませんが、
べりの気持ちはよく分かりました。



以下にご紹介します。


<べりーちゃんコミュニケーション結果>

べりーちゃん、だいぶ落ち着いている印象でした。
亡くなって間もない動物は、落ち着きが無く、
コミュニケーションをとる事が難しい場合が多いのですが

べりーちゃんは大丈夫でした。
いろいろとママに伝えたい事があったようです。


<質問1>

べりーは今初七日を迎え、何処でなにを考えて過ごしているのでしょう。
さびしがっているのか、かなしんでいるのか、
それとも、別の何らかの感情があるとおもいますがそれを知りたいです。
私はとってもべりーを愛していたことも伝え、
私の看護が至らぬばかりにこんなことになり、申し訳ないことも伝えて下さい。


<回答1>

Q:今はどこで何をしているの?
べ:今はね、順番待ちをしているの。
Q:何の順番待ち?
べ:これから進む道について教えてくれるの。
Q:そうなのね。今の気持ちはどう?
べ:うーん。まだあんまり実感してないんだけど。
  でも、とっても楽よ。
Q:寂しいとか、悲しいとかはある?
べ:私は大丈夫なんだけど・・・・。
  ママがね、悲しんでいるのを見ると悲しくなるの。
  だって、ママのせいではないのに、自分を責めてばっかり。
  前からそうだけど、何でも完璧に正解を求めて
追い込んで、辛くなってしまうよね。
  ママにはもっと気持ちを楽にして欲しいな。
  私の心残りはママだわ。

Q:ママはべりーちゃんのことをとっても愛していたの。
  看護が至らずこんな事になってしまったと申し訳ないって。
べ:もちろん、愛されている事は分かっているし、
十分すぎるくらいに感じているわ。
  私もママのことを愛しているし、これからも変わらない。
  だからママには、辛い思いをして欲しくないの。
  
  お別れはとっても辛く悲しいけれど、
必ず訪れるもので、私は「その時」が来たから旅立ったの。
  ママが手を尽くしてくれたから、私はとっても楽に旅立てたのよ。
  それはママが誇りに思っていいものなの。
  私には辛かった事も、ママの愛情があったから乗り越えられたの。
  「時」は待ってくれないけれど、その時まで、溢れる愛情を注いでくれて
  側にいてくれたことに感謝しています。
  ママ、本当にありがとう。


<質問2>

べりーはかつて一緒に暮らしていたランと
巡り合えて仲良くしているでしょうか。
それとも他のガイドさんのお導きで
迷わず不安な気持ちになることなく、いるでしょうか。


<回答2>

Q:ランちゃんとは会えた?
べ:うん、会えたよ。
  お迎えに来てくれたから安心できたの。
  でも今はもう、ランちゃんとはお別れして別々のところにいるの。
  不安な事もないし、とても落ち着いているわ。
  だから安心してね。
Q:ランちゃんとはまた会えるのかしら?
べ:そうね。会えるかもしれないし、あえないかもしれない。
  それは私にも分からないの。
  でも、きっと会いたいと思えばすぐに会える様な気がするわ!
Q:じゃぁ、寂しくない?
べ:そうね、大丈夫よ。
  みんなとても穏やかだし、寂しいという気持ちは感じないわ。



<質問3>

病気でやつれ衰弱した体で旅立ちましたが、
べりー自身に今苦しみや痛みなどはあるのでしょうか。
心は・・穏やかな気持ちでいるのでしょうか。


<回答3>

Q:苦しかったり、痛かったりしてる?
べ:まったく無いわ!
  とっても体も心も軽やかで穏やかな気持ち。
  元気に走り出したいくらいだけど、それはもう少し落ち着いてから。
  今は気持ちを穏やかに保つ方が優先なの。
  
  あのね、ママ。心配しすぎよ!
  旅立つ事で重い体から解放されたから、
苦しかったり痛かったりする事はないわ。

  だから心配しないでね。


<質問4>

べりーがママやパパにお願いすることや伝えたいことはある?


<回答4>

Q:ママやパパにお願いしたい事や伝えたい事はある?
べ:うん。

  ママへ
  ママと私の関係は始まった時から、
生が終わってもずっと続いている事を忘れないで。

  そして、覚えておいて欲しい事は、私が元気でいた時のこと。
  今の私はその時の私だから。
  辛い思い出よりも、楽しかったときの事をママには覚えておいて欲しい。
  ランちゃんのこと、アンディのこと、私のこと。
  みんな楽しい思い出を忘れないで。

  パパへ
  最期までかわいがってくれてありがとう。
  ママの事、支えてあげてね。
  まっすぐに進むママを導いてあげられるのもパパだと思うの。
  だから行き過ぎたら少し休むように言ってあげてね。
  優しいパパがママの側にいれば私も安心だから。


<質問5>

べりーはこの後どんな旅をして、
私たちはどんなふうに巡り合うのでしょうか。

何年かごに家族のだれかがこの世を去った時、
私たちのことを覚えていてくれるものでしょうか。

<回答5>

Q:この先、どんな旅をしてめぐり会うのかな。
べ:私にも分からないわ。
  きっとこの先に何かあるんだろうけど。
  でも、どんな道でも私は楽しんでいけると思う!
  だって、私の愛嬌はどこでも通用するから。

  これからどうなっていくか分からないけど、
またいつかめぐり合うときが来ると思うわ。

  その時が来るまで楽しみにしていて。
  人と犬の関係かどうかは分からないけど、
違う形であっても縁が結び付けてくれる。

  きっと分かると思うわ。

Q:家族が旅立ったとき、べりーちゃんは
家族の事を覚えていてくれるのかな。

べ:うん、大丈夫よ。

べ:ママ、パパ、本当にありがとう。


以上、コミュニケーション結果です。


少し補足をさせていただきますね。

旅立って間もないですが、べりーちゃんはとても落ち着いていました。
言葉では伝えてきませんでしたが、
やはり家族と離れた事で寂しさを感じているようです。


ただ、寂しくて寂しくてたまらない・・・というような悲嘆ではなく、
今の状況をきちんと受け入れた上で、感じている寂しさです。

旅立った事については、頑張ってくれたママに
申し訳ないという気持ちも持っています。

それは、ママの悲しみを受けて心配をしているという事でもあります。

人の気持ちというものはとても大きいものです。
思えば思うほど、その気持ちは大きくなり、影響も大きくなります。

これは生きている間だけではなく、旅立ったあとでも同じ事です。
ママの申し訳ないという気持ちは痛いほど伝わってきます。
でも、べりーちゃんも言っているように、
その時が来たから旅立ったのです。

自分を責めても、辛くなるだけです。
でも今はまだ、自分を責めてしまう事も仕方がない事です。
後悔をする事があるのであれば、そうならないように。
責める事があるのであれば、そうならないように。

すべてべりーちゃんがこれからのために教えてくれた事。
その思いを、これからの事に役立てるように
少しずつ、気持ちを切り替えていってくださいね。


旅立った後の事は、人それぞれ違った意見を持っていますが、
今回のべりーちゃんのお話は、
べりーちゃんの言っている通りをお伝えしています。


ランちゃんとはちゃんと会うことができて、導いてくれたようです。
その後は、別の場所にいるようですが、
周囲にいろいろお世話をしてくれる人?
のような
ものがいるみたいです。

なので、寂しかったり不安になるような事はないようですね。
イメージとして、オフホワイトの光の世界に
いろいろな魂が集まっているような感じです。


旅立った後は痛みや苦しみなどから解放される事がほとんどです。

私の先住犬も4歳で病気で他界しましたが、
旅立った後は元気な様子を伝えてくれました。

解放されたんだね、良かったねと相方と話した事を覚えています。

愛する子と別れる事はとても悲しく、辛いです。
でも、重い体を手放して楽になれたんだと思えた事で、
少し気持ちが楽になりました。

魂はいつも変わらずそこにいます。
繋がりも切れる事はないでしょう。


だから、今、べりーちゃんが穏やかでいられることに
安心してあげてくださいね。


本当にべりーちゃんはママとパパに感謝をしています。
最後のメッセージも、ありがとうって言ってました。

べりーちゃんに、「ごめんね」ではなく、
「ありがとう」と言ってあげてくださいね。


まだまだ辛い日々だと思います。
無理をせず、でも少しずつ、前を向いていってくださいね。







以上がべりーからのメッセージです。

【ママの今の願い】

こんなふうに願っていいのか分かりませんが・・


べりーが今お世話になっている皆さんに
可愛がられ、優しくしていただけますように。

悪い人(いないとはおもうけど)に騙されないように。


べりを導いて下さるガイドさん達。

どうかべりーが幸せな道を歩めますようお導き下さい。




どんな形で私たちは将来再会するのか・・

べりーは何に姿を変えて現れるのだろう。


私が生きている間だとしたら
いつだろう、

早く来ないかなその日が!!


もしまたいつか、誰かとご縁があったとしても
まずはその子がべりーなのかどうか
ママは確認するんだろうな。



それくらいべりーが愛おしい。

べりー、大好き!!



楽しい思い出をありがとう。

ずっとこれからも愛しているからね。

これからはなるべく楽しい思い出を胸に
あなたのことを思い出そうと思います。
e0351466_12192350.jpg
















[PR]
# by wanko0163 | 2014-07-07 20:24 | 今日の出来事

可愛い天使

 昨夜は呼吸がとても落ち着いていたべりーでしたが
昼間にのませたカロリーエースで
お腹がくだったのでしょうか。

夜中2時くらいから度々おトイレで下痢便をしていたべりー。

食べていないので本当に出てもちょっとなのですが
体力のない足取りでふらふらしながら
何度もおトイレに行ってはもどって寝てを繰り返し。

朝6時くらいにようやくげりが治まったかなと思ったら
こんどは吐き気ももよおしていたのですが
なにも食べていないので吐きませんでsた。

やっぱりカロリーも与えられないか。。

アレルギーってこんなときにも
栄養取れなくてこまったねべりー。

吐き気が落ち着いたら黄色い漢方薬飲ませてあげようね。


パパの朝ご飯とお弁当、アンディのごはんをつくって
べりーのお薬を作る前に昨夜の様子を
漢方の先生に急いでメールしました。

べりーは舌のいろが薄紫になっていたからです
酸素送ってあげようかしらと思いながら家事を終わらせて。


先に酸素でしょうがママ!!

でもmailを打つ前にちょっとべりを見に行ったら
椅子の下に小さくうずくまって吐き気を訴えていたので
トイレシーツを敷いてあげたんです。


吐くものがなさそうでぐったりしてたので
すぐ先生にmailを打って送信。



その直後べりーの様子を見に行ったら
べりーがとても穏やかな顔で目を開けて
自分のハウスで横になっていました。

『べりー、体調はどう?ムカムカとれた?』

今日はお薬は場合によっては時間を大幅にずらそうかとも
考えておりましたが

べりーがまったく瞬きをしません。

あれ??

呼吸・・・していません。

手も足も動かない。


あっけにとられた瞬間でした。
e0351466_12175598.jpg


本当にアレルギーのためにべりの衰弱した体に
追い打ちをかけて逝かせてしまった感じでした。

昨日までマッサージのおかげでだいぶ呼吸がよくなり
お薬も漢方の先生のおかげで飲めるようになり
昨夜は漢方の先生とのmailで
飲めるようになったからと元気の出る漢方薬送りますと
言われて眠りについたママだったのです。

深夜0時前までは起きていましたが
べりは呼吸こそ多少苦しんでいたものの
そんなに苦しんでいる様子はありませんでした。

今日はそれに、漢方薬の他に
べりーのために高反発ベッドも取り寄せて届く予定だったんですよ。


まだまだ行けると思っていた矢先
カロリーを前日に飲まされて、
ちょっと離れたすきにべりーは眠るように逝ってしまいました。
まるで一休みしているかのようです。
e0351466_12175520.jpg



べりーはずっと
眠りたかったんでしょう。

眠りたくても眠れない日々が2ヶ月以上続きましたから。


疲れたんでしょうね。


ママとしては西洋のお薬で痛めつけられた胃を
回復させてあげ、美味しいご飯を一口でも食べてから・・
と思っていましたから

それだけは 本当に申し訳ないことをしたと思いますが


地元の動物病院に受け入れてもらえず実
その実態に愕然としたときも
前だけを向いて 頑張りましょうと

東京の漢方の先生とのお導きによって
西洋のお薬の副作用の怖さを学びながら
なんとか押さえながらここまでこれたことは
感謝してもしきれません。


原因不明の病気や不治の病でも希望をもって取り組める
漢方療法東洋医学療法に巡り合ったこともそうですが

べりーの人生に関わってきてママが教えてもらったことは
まだまだ沢山ありますが
本当に人間にも同じことが言えることばかりです。


眠りたくても眠れなかったべりーが

べりーがやっとゆっくり眠れたよアンディ。
e0351466_12175528.jpg



パパもアンディもべりーのことは
ずっと忘れないよ
e0351466_12175513.jpg









べりーを応援してくださった皆様
本当に今までありがとうございました。

今は天使のつばさセットに納めて
静かに眠らせております。

ゆっくりゆっくり休ませてあげようと思います。
e0351466_12175579.jpg


[PR]
# by wanko0163 | 2014-06-28 10:53 | べりーの治療記録

かわいい乳鉢

ほほえましい光景が撮れましたので
一般公開です~。

アンディ最近いい男にみえるよ!!

 
e0351466_12175585.jpg







べりの漢方薬を確実に飲ませる為に
漢方の先生からご伝授頂いた飲ませ方を
あの往診の日から実践しています。

べりーの投薬用に乳鉢を買いました。
とっても小さくてかわいい乳鉢
e0351466_12175543.jpg



すりこぎ潰して粉にするよりも溝がないだけ
無駄なく綺麗に粉を集めることが出来ます。


シリンジでお水を3~4ml位すくって
ちょっとずつ入れながらどろどろのクリーム状にします。
水は多ければそれ以上入れません。

水は混ぜた時に
シリンジでぎりぎり吸い取れるくらいの量です。

それを空のシリンジにすくい取って
e0351466_12175556.jpg






飲ませる内容は べりーの場合

朝は リックンシトウ、黄色い漢方、ガスター錠剤、補陽固腎剤
昼前は 抗ガンの漢方薬、バクモンドウトウ
夜は バクモンドウトウ、ガスター錠剤、黄色い漢方、補陽固腎剤、ACE


とまとめて潰してシリンジで飲ませます。




胃の治療が優先しているので
朝と夜はこんな感じのお薬ですが
ホントなら悪性リンパ腫なら、朝昼晩と抗ガンの漢方薬を
飲ませて行きたいところです。


でも、バクモンドウトウのおかげで
鼻呼吸をすることも多くなりました。

呼吸の苦しくなりやすい夜には
バクモンドウトウを飲ませることにしています
これは吐き気止めの効果もあるのです。


西洋の吐き気止め(胃の動きをとめるくすり)は、
胃痙攣をおこすので、危うくそれで亡くなる可能性もある為
怖くてもう二度と使えないのですが

胃酸をコントロールするだけのガスターと
吐き気止め効果のあるリックンシトウとバクモンドウトウで
ここののところ吐きません。


元気なころは粉の漢方薬は、カプセルにつめて20個ちかくも
ご飯と一緒に食べさせることが出来ていましたが


喉が狭くなってきたべりーにはそれはかわいそうなので 
回数は少なくてかつ、何種類もまとめて飲めるシリンジ投薬は
とてもいいと思います。
(飲み合わせはもちろん確認してます)


胃の悪い子にとっては、この強烈な、特に黄色い漢方薬
の苦みが快感になるでしょうと漢方の先生。

ホントかな?!(笑)

ママはとっても苦くて飲めません^^;


今日は昼までにカロリー剤を5mlずつ3回と
葛湯5mlを飲ませました。

3時過ぎご指導を頂いた皮下補液をし、
マッサージも30分以上かけてする予定です。

マッサージをしてからべりーの表情は
メンタル面で穏やかに過ごせているような気がします。











[PR]
# by wanko0163 | 2014-06-27 12:54 | べりーの治療記録

カロリー剤

 『顔を見て食べたそうにしたら』
と漢方の先生はおっしゃっる。

されど今、骨と皮に近いべりーが
ご飯~!といって顔を上げる体力はない。

そこで、昨日から少しずつ
カロリーエースをお薬とおなじ要領で
シリンジで飲ませてみました。


昨日はお昼過ぎから4時間置きに
4ml飲ませました。


もっと飲ませたいけれど
乳製品と大豆のアレルギーも気になる。

こんな時にまでアレルギーを気にして
飲ませないといけないなんて。

でも接取量によってもしものことがあれば
それこそ
苦しみを上乗せしてしまうから。


昨夜はそのことをご報告して
先生のお返事を待っていたら
いつの間にかママは寝てしまったようで。

べりは苦しい呼吸をしているというのに
ママはテレビの付いた部屋でmailの着信にも気がつかず
グーすか眠っていたのです。


mailの内容は 夜このあと補陽剤を2個
飲ませて下さい~と言ったものでしたが

べりーはもうそれどころではなく
横になって体をそらして
苦しそうに呼吸をしていました。

おそらく貧血気味のべりーを心配しての
補陽剤だったのかなと思い
昨夜は飲ませませんでした。


朝が来て一睡もできなかったべりーは
さらに衰弱をしており
アンディが横切ってもこのお顔。
e0351466_12175163.jpg









このあと静かに目を閉じて眠ってしまいました


こんなことを繰り返していたら
体力消耗するばかり。


こちらは昨日の写真ですが
立つこともさせてみないことにはと
立たせてみたり
e0351466_12175285.jpg






これもまた昨日の写真ですが
べりーの大興奮するはずのバランスボールを見せても
こんな反応で
e0351466_12175442.jpg







べりーは走ってくることも出来ないくらい
衰弱しておりました。


薬だけで生かしておくのも
なんだか嫌なので、
今日もお薬の他にカロリーエースとか葛湯などを
1時間置き、2時間置き位に
シリンジでちびちびと飲ませながら
様子を見たいと思います。






カロリーエースは小さい缶で
べりーくらいの子なら本当は4~5缶飲まないと
いけないようですが、

胃腸障害のあるべりーなので
それも少量しか飲ませられないのがなんとも悔しいです。


漢方の先生からは
『お母さんはお薬もフードも同じ意欲で上げそうなので
強制給餌は基本薬だと思って下さい』

とのこと。

またいわれちゃった・・・^^;
すっかりママの性格看破られています。


こちらは今朝のべりーのお写真です。
必死に生きているの伝わりますね。
e0351466_12175464.jpg


ガリガリの寝たきりが増えたので
床ずれ『ジョクソウ』にも気を付けないと行けなくなりました。





[PR]
# by wanko0163 | 2014-06-27 07:58 | べりーの治療記録